免許更新で交通安全協会入る⇒ピンクのリフレクター(反射板)入手

免許の更新が迫ってたので、証明写真とか準備してイソイソと出かけました。

免許の内容が変わったりしたので、免許センターまで行ってきたんですが、

証明写真は免許センターだと持ち込みNGと知らず(※地域によるかも?)、

自分比で詐欺写なのを厳選して持ってったのに、

「このあと写真撮影しますんで、身だしなみ整えてくださいね」。

なんと持ち込み写真は書類貼付用だったのです。ショック。

その日私はハネた髪型&テキトーメイク&テキトー服で訪れてたんですが

すべてをあきらめましたね(笑)。どうしようもない。

犯罪者バリの証明写真で5年とか過ごさなきゃいけません。死ぬ。

流れ作業のように「ハイ次ハイ次!」と促され、

備え付けのミラーを見る暇も、手グシで髪をなでつける間もありませんでした。

出来上がりはもちろん犯罪者顔・・・顔色もドス黒く、詐欺写失敗。

もうどうでも良くなりましたが、警察(公安?)の方のお話をマジメに聞きます。

交通安全協会は、免許センターだと強制?

もうずいぶん昔ですが、クルマの免許を取得した時の交通安全協会への入会催促は

けっこう強引で感じが悪かった記憶です。

免許に合格して窓口へ行くと、ちょっと怖い女性の方が

「交通安全協会への入会ご協力をお願いしたいんですが?」とひと言。

強制ではないと聞いていたので、「結構です」とさっくりお断りしたんですよ。

友人も皆学生でビンボーなので、3500円(当時)とか払いたくないらしく、

「押されても絶対流されるな」が合言葉でした。

すると、受付の女性はすごい剣幕で、「入会しない場合、更新のハガキも届きませんよ?

それでいいなら構いませんが、更新月が分からずに免許失効することも多いですよ!

それでもいいんですか!??」と迫り、私は動揺しつつ「いいです」と返答。

免許を叩きつけるように交付されました。あり得ない・・・(時代のせいかな?)

そして時代は移ろい、現在では会費が下がって、全員入会の形式になっています。

ご協力というカタチですが、ほぼ強制でしたね。拒否権はありますけど

拒否してる人は皆無、拒否を言い出せる空気もなし。

でも学生時代と異なり、活動内容を見てみると道路の安全のために

けっこう労力かかってんだなぁ・・・と改めて思ったので、支払いに抵抗はなかったです。

正しいことに使ってくれるのなら大いに強制は賛成です。学童の黄色い傘とか。

たまたま当たったピンクのリフレクター(反射板)

私のところに配られたのは、ピンク色でした。

何色かあったんですが、やはり私とピンク色は縁深い。

「3Dタックルバンド」という名前で、もともとは硬い板状なんだけど、

バシッと円筒状のものに叩きつけると、うまく丸まってくれる特性があります。

この動きがフシギで、何度も腕や足にバシバシ叩きつけて遊んでしまう。

特殊鋼版が曲面にフィットする仕組みだそう。

自転車とか窓の防犯とか夜歩き用とか、いろいろ使えます。

そしてピンクだしカワイイ(2度目)。

スプラトゥーンのピンクのリフレクター。小さいお子さんだけでなく

大の大人も是非使いたい。バッグとかに付けておくのもいいかも。

⇒私の愛用中のマリメッコリフレクター&ANASUIキーホ

⇒ピンクの100均カラビナで便利にMYボトルキープ



トップバナー ↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑
スポンサード リンク




この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ