ピンクなイチゴ尽くしのブルボン♪お姫様気分が蘇る・・・!

ピンク尽くし・・・!興奮の渦

食料品を買いに行ったいつものスーパーに、

ずらりと並ぶピンクのおなじみ菓子・・・!大興奮です。

 

その陳列棚はいつもはチョコレート菓子が並んでるので、

ブラウンもしくはホワイトカラーで埋め尽くされている。ですが、

今日この寒い日、まるで早めの春が来たかのように一面ピンク。

 

吸い寄せられるように商品を手に取りました。ブルボンのお菓子です♪

2017年11月末から、ブルボンではキャンペーンが始まっていたんです。

 

その名も“いちごフェア”♪

 

これはホクホク度高め。

見た目がなんせカワイイ。

 

上の10品目が鮮やかでキュートなピンクに変身。

 

ワクワク感凄いです。

 

何を隠そう、私の幼少時の「お姫様菓子」といえばブルボンだったんです。

 

人の名前のような横文字ネーミング(高貴な姫みたいな)。

洋風のデザインや紅茶の似合うカタチ。サクッとした軽い質感。

 

3時のオヤツに出てくると、とにかくワクワクで「私は今お姫様なんだ」

ホンキで思い込むほどでした(庶民感丸出し)

 

アントワネットがドレスを着て食い散らかすような、ワガママな可愛さ。

もう大好きでした。ブルボン菓子。

 

当時は母親がしょっちゅう買ってきてくれたんですが、

「さぞ高いだろう」と思ってたら、思いのほか庶民的な価格なんですよね。

 

自分で買うようになると、ほかのチョコ系菓子よりも安価で、

長年ファンで居続けているんです。お財布に優しいブルボンありがたし。

 

中でも「シルベーヌ」は思い入れの深いお菓子

「シルベーヌ」というケーキ似のお菓子。

 

私の中の”シルベーヌ”の響きは、

白いポニーに乗った銀髪のクール系美少女。

 

森のてっぺんの白亜の城に住んでいて

ちょっと気取っているけど、本当はシャイな乙女・・・。

 

そんなイメージを幼少期抱いていました。

 

シルベーヌは軽いスポンジにチョコがかけ流してあるお菓子ですが、

「ケーキ型」というのが高ポイントだったりします。

これです。私はこれを高級ケーキだと思ってたので、

これを母がおやつに出してくれた日は、本気で感謝しました。

 

この三角形というのがミソなんです。丸や四角ではダメなんです。

 

そして、真ん中に妙に固いチョコが一粒乗せてあり、

これが子供の歯には固くて痛い(笑)。

 

ですが、大好きでした。

 

このシルベーヌのときばかりは、ケーキ皿に乗ってフォークとともに

出てくるもので、リッチ感倍増だったのです。

 

ですが、この大きな三角形のケーキもどきは、

商品としていつかスーパーから消えてしまいました。

 

そして今は・・・

小さな三角となり、個別包装となりました。時代の流れですね。

サイズダウンは仕方ないとして、私が惜しんでいるのは一粒のチョコ。

 

あれが欠けているんです。

 

あれがないと、シルベーヌではない・・・。

お皿に乗せてみました。フォークの先ほどしかないので、

もはやケーキもどきではない。一粒チョコもありません。

 

「私も大人になったのだ」と謎の寂しさを感じます。

 

大きなシルベーヌは今や通販のみの扱いとなってしまいましたが

またスーパーで、小さな女の子の夢あふれるお姫様菓子として

 

復活してくれないかな・・・なんてひそかに願っています^^

 

楽天などで気軽に買えるので、たまに買って懐かしんでます(笑)

今はこんな濃い抹茶のシルベーヌなんてのもあります。

抹茶!!!!

たまりません。

さくらんぼ餅のスクエアの配置はスマホっぽい!⇒商品化されていた

北海道ミルクの大粒アポロがほんとに大粒!しかも美味♪

冬にこそ食べたい雪見だいふく♪とろける至福のひととき・・・

 



スポンサードリンク







この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ