「ほんとはピンクが欲しかった」なんて今さら言えない

スポンサード リンク


「ほんとはピンクが欲しかった」なんて今さら言えないblue

2人姉妹の末っ子に生まれた私は、虚弱体質。声が小さく、自己主張も少ない子供だった。

いっぽう、姉は健康でたくましく、快活なタイプ。自己主張のかたまりみたいな姉は、「お前の物は俺の物」思考(女版ジャイアン)。欲しいと思ったら、他人の物でも奪い取り、泣かせては叱られていた。

そういうわけで姉は、5才下の妹の私に、≪自分を犠牲にして何かを譲る≫なんてことは、まったくなかった。

【お揃いのお土産「ピンク」と「水色」】

対照的な姉妹。そんな私たちに、旅行好きの知人のAさんから、お土産物が届くことがよくあった。

Aさんの思考回路は、きっとこうだ。「小さい女の子だから、やっぱりピンク小物がいいよわね。でも、色が同じだと取り違えるから、色違いにしよう」と。

そして、毎回、私たち姉妹に、決まってピンク水色のお揃いのお土産物が届くようになった。

姉は、「私、ピンクがいい!」といって、毎回ピンクの小物を先取りした。いくら母が「妹に譲りなさい、お姉ちゃんでしょ!」と叱っても「絶対にピンクがいい、絶対に!」といって聞かなかった。

 

母は何も言わない私に、「ちょっとは自己主張しなさいよ!ほんとはピンクが欲しいんでしょ?」と言った。私は「どっちでもいい」と答えた。

姉の自己主張が激しいのと、母の「姉からピンクを奪え」”口撃”に、病弱な私は疲れてしまい、途中から「どっちでもいい」ではなく、「水色がいい」と言うようになった。そうすれば、ガミガミ言われることもなく、面倒が起きないから。

虚弱体質なので、争うとすぐ疲れる。だから面倒事はすべて避けるようになっていった。

その後、Aさんからいただくお土産物は、

姉⇒ピンク 私⇒水色

というのが決まりごとになった。

【おそろしい。適当なウソが現実になっていく】

母は、私の好きな色が「水色だ」と信じるようになっていった。いつも姉妹は争うことなく、色違いのお土産物を、スムーズに分け合った。

いつしか、私自身も「自分の好きな色は水色なんだ」と思うようになった。言葉っていうのは恐ろしい。「水色がいい」という適当なウソを繰り返していたら、それが現実になっていたらしい。

母は、私にいつも水色のものを買い与えるようになった。「あなたは水色が好きだから」と口癖のように言った。

そうか、私は水色が好きなんだ・・・。

【自我が芽生えた私のその後】

それから年月が流れて、ある日突然、私の自己主張が始まった。「水色、好きじゃない」と母に言ったときの母の顔を、今でも忘れない。

成長して少し体が丈夫になったので、私は少しだけ、母親に意見できるようになっていた。

「ずっと小さい時から、水色好きって言ってたでしょ?何を今さら・・・」と驚く母親。娘のあまりの一貫性のなさに怒り、あきれていた。

「あなたはずっと確かに、水色のお土産を欲しがってた!」と言い張る母親に、経緯を説明するのがめんどくさくて(ここでもめんどくさがり)、「とにかく、水色はあんまり好きじゃない」とだけ言っておいた。

姉と母は、非常に血の気が多い。すぐに怒るし、怒り方もすさまじいので、とにかく争いごと、モメごとは起こさないようにするのが私の務めだった。

その結果、私は、温和だけど主張が少なく、欲しいものを「欲しい」、好きなものを「好き」と言えない人間になっていった。

 

いまさら「ピンクが好きだった」なんて言えない。だから、大人になった今、私はこっそりとピンクの小物を集めているのだ。昔叶えられなかったものを、いまさらだけど叶えて、昔の幼い自分を慰めている。

モテ色だとか、セクシーだとか、そんな意味でピンクにハマっているわけではないのだ。



気になる黒ずみをササッとピンクにしてくれる柔らかい筆ペンです♪唇・ワキ・Vゾーン、あなたならどこに使う?

ピンクマニアな私が愛用しているマニキュアじゃないNEWマニキュア!爪に優しい!アルコールで落とせる ソフトジェル マニキュアウォーターベースの美容液ネイル

↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑


スポンサード リンク


今日の記事は面白かったでしょうか?
管理人は単純なため応援して頂けると非常に喜びます(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
わたしのブログに遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
読者様のご声援により、毎日の更新の力が湧いてきます。゚(PД`q。)゚。

この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ