青みピンクは使いやすい!甘すぎない大人ピンクが旬。メイクにも◎

青みピンクは使いやすい!甘すぎない大人ピンクが旬。メイクにも◎

【ピンクメイクって難しい!夏のピンクメイクはとくに厳しいような?】

aomi-pink甘すぎないピンク考察。

春はいいとして、夏のピンクってけっこう使いにくいと思いませんか?

冬のピンクは暖かそうでかわいいんですが、夏はなんとなくピンクは重く、ちょっぴり暑苦しい印象。

また、「ピンク=膨張する」というイメージが強いですよね。

ピンク系アイシャドウをまぶたに乗せると、なんだか腫れぼったくみえてしまうというデメリットも。

実際、私のまぶたは幅の狭い奥二重で、困ってました。

okubutae目の端のほうしか二重幅がなく、パッチリ目を開くと、二重のラインが消えてほぼ一重になるタイプ。

しかもまぶたが厚いので、アイプチやメザイクで擬似二重にもできない。すでにラインが入っている分、別ラインを築くのは、一重さんよりも難しいと感じます。

まつげエクステも、プロに頼まないと自分ではちゃんと着けられないんですよ。

そして、まぶたが重なってるので、アイラインもアイシャドウも消えてしまう。だから、アイメイクはもうあきらめてました。

いくら努力しても、ぱっちりオメメにはなれない。

がんばってマスカラが精一杯なんだけど、これまたマスカラを塗ってカールさせると、まぶたにマスカラが付着しまくるんです。

pinkそんな腫れぼったい目の私が、ピンクメイクなんてしようものなら、もう終了ですよ(上)。

メイクしないほうがマシなレベルだと思います。

ピンクメイクにトライしたくて、ピンク系のアイメイクアイテムは色々買ってみたものの、出番ナシ。

けっきょく、引き締めカラーのグレーを少し端っこに乗せるくらいしか手がなく・・・(涙)。

【それでもピンクメイクにトライしたければ、青みピンク!】

aomi青みピンクとは、その名のとおり、青みがかったピンク。

きりっと冷ややかなカラーです。ピンクに青を足すと紫寄りの寒色系に近くなりますが、青みピンクはまさにそんな感じ。

引き締めカラーとして、すっごく役立つんです。

夏の暑い時期にも、この青みピンクは厚ぼったくならない。甘すぎず、かといってブルー系アイメイクよりもかわいらしいので、ちゃんとピンク色なんだけど、引き立つ色なんです。

とくに色白さんにオススメのカラーです。インパクトは強めなので、目じりにポイント的に置くのもアリかも。

奥二重さんや一重さんも腫れぼったくならない絶妙ピンクカラーなんですよね。

lineこの青みピンクには、グレーのアイラインが合います。

黒×濃い青みピンクだと目ヂカラが強くなりすぎるかもしれないけど、グレーならやわらかい色に。

茶系のアイラインよりも、グレーのほうがスッキリきれいな気がします。

make青みピンクはわりとビビッドピンク寄りになりますが、薄づきにしたり、明るいカラーにしたりすれば、ナチュラルメイクとしても活用OK。

涼やかなマナジリになるので、年齢問わず使えるピンクカラーです。

青みピンクは、アイシャドウだけでなく、アイラインやチーク、リップ、ファッションなどにも◎。

もちろん、夏のインテリアにもぴったり合う涼やかなカラーです。

暑い季節にピンクカラーをお試ししたくなったら、青みピンクがイチオシ!です。

 

チークも青みピンクは使いやすい!夏にピッタリ♪

※クリックで詳細

 

 

 

ネイルにも青みピンクが入っていると可愛らしいですね。

 

青みピンクはリップでももちろん使いやすいです。




スポンサード リンク




この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ