韓国式メイク★次はコレ?ふんわりカワイイモテ系「桃メイク」

韓国式メイク★次はコレ?ふんわりカワイイモテ系「桃メイク」

韓国メイクって”〇〇メイク”みたいな名前ついてるの多いですね。

オルチャンとかフンニョメイク(見るだけで温かいメイク)とか。

でも自分にはどれも難易度高くて、メイクってほんと難しいなぁという印象。

いつもの手順でいつものメイクツール、メイク方法から脱却したいんだけど

なかなか出来なくて悲しい思いをしています。

メイクツールでいろんな理想の顔になれたらさぞ楽しいだろうなぁ^^

さて、今回は韓国式の”桃メイク”というものについて。

あいのりの桃ちゃんではない!ふんわりピンク系

桃メイクというと、真っ先に思い浮かべるのが桃ちゃんではないでしょうか。

今回は違います。桃ちゃんのメイクテクは日本ではすでにおなじみだけど

韓国の女性らしいカワイイ系メイクテクの方です。

オルチャンメイクやフンニョメイクは、

割りと濃いめのリップやラインを使ってましたが、

桃メイクはその名のとおり、”ふんわりピンク使い”のメイク。

でも、我々日本人にはけっこう難しいんですよね・・・☆

韓国の女性の色の城さよりも、もうちょっと黄味がかった日本人のお肌。

ピンクが乗りにくいんですよね。そして、私みたいに奥二重の場合、

「腫れぼったくなりやすい」という難点が><

⇒以前コチラでも考察したピンクメイク

ベースカラーからピンク系に仕上げるのがコツらしい!

イエローがかったお肌に乗りにくいピンクは、

ベースカラーからピンク系に仕上げていくと馴染みがいいみたいです♪なるほど・・・!

ふだんオークル系を使っている方も、桃メイクのときにはピンク系~ピンクオークル系の

もっとも明るいベースカラーを選ぶのが一番。

まぶたには全体に淡い色のピンクを刷きます。

そして、全体をふんわり仕上げるために、キツい色合いは使わない。

ラインも眉毛もマスカラも、すべてブラウン系で統一。キリリ感は不要なんですね^^

この桃メイクにはチーク必須。ボカシながらピンクチークを入れ、

リップは一度コンシーラーでヌーディーカラーに潰してから

ピュア系ピンクリップで色付けして完成。

あどけなくて、可愛く優しい印象に仕上がるそうです♪

腫れぼったくならないよう、ピンクはピンクでもベージュ寄りとか

パール感のあるものにすると、さりげない桃メイクができます(*´ω`*)




スポンサード リンク




この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ