電動ハブラシのシステマを買ってみた(乾電池式のプチプラピンク♪)

電動ハブラシのシステマを買ってみた(乾電池式のプチプラピンク♪)

「小刻みに歯ブラシを動かして磨く」というのが段々億劫になってきた私です。

眠い時や疲れてるとき、”小刻みな動き”がすごくメンドクサくて・・・★

いつも「強いチカラで磨きすぎ!」と歯医者さんで怒られるので、

ソフトタッチを目指してるんですが、なかなかコレが難しい。

ついついギュッと歯ブラシの柄を握り込み、パワフルに磨いてしまうんです。

「このクセ、何とかしたい」と思っていたら、ポケッタブルな電動歯ブラシが

ドラッグストアで目に留まりました。やっす!1000円台なんだ・・・!

【充電式or乾電池式で悩んだけど】

大昔、充電式の回転ブラシの電動歯ブラシを使ってたことがあります。

家族で、先端のブラシのみを交換して使ってました。

最初は物珍しくて一生懸命磨いていた。ところが、ある日突然、

ブラシの差し替えが超絶めんどくさくなってしまったのです(もともとの性格が災い)。

朝のバタバタの時間帯&夜のネムネムな時間帯に、ブラシを差し替える・・・。

これが地味に面倒で、いつしかどこかへ消えていた電動歯ブラシ本体。

実家のどこかにおそらく眠ったままでしょう。

そんな苦々しい(?)思い出もあって、「電動歯ブラシは自分に不向き」と決めつけてきた。

ですが、「自分専用のポケッタブルかぁ・・・しかも乾電池1本?」と知ると、

急激に欲しくなってしまった。しかも1000円台なんて破格すぎませんか?

そして、私の愛するシステマ歯ブラシです。(普段システマをリピート中)

「これは買うしかない」という天啓を聞いた気がしました。

【ひさびさの電動歯ブラシにチャレンジ。ドキドキ】

正式名称:「システマ 音波アシストブラシ(電動)」。

1分で約9000回もの音波振動。とはいえ、

それがどれほどすごいのかイマイチピンとこない私です。

音波振動とは、「音波領域内での振動」だそうです。ますますナゾ・・・!

とにかく、なんだか凄そう。というわけで、

歯磨き粉をつけ、口の中に入れてからスイッチON。

「ヴィーーーーーーン」というめちゃくちゃ細かい振動が、

歯から頭全体に伝わります。あと、握る手にも伝わる。

最初は、なぜか緊張しました。回転とか単なるバイブ機能ではなく、

もっと微細な振動なので、かつてのものと勝手が違うような?

ふつうの歯ブラシと同じように手磨きの流れでOKだけど、

”小刻み”な動きがサボれます。そして結果。

歯の裏側がとくにツルツルに・・・!

自分で磨いた時よりも数段ツルツルになります♪

超極細毛なので、歯周ポケットにかなり食い込んでくれます。

ボタンもONとOFFの2つしかなくて、いたってシンプル。

あとは、電池の持ち&替えブラシの時期が課題かな?

今のところ、このお値段でこの”磨けてる感”がかなり自分的に高評価です^^

電動歯ブラシ、ほかにもいろんな大手メーカーさんからたくさん出てますね。

今回はたまたま巡り合ったカワイイデザインのシステマをチョイス。

新しいもの好きなので、いろいろ試してみたい気もする^^




スポンサード リンク




この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ