歴史あるピンクジュエリー。眺めてるだけで妄想がはかどります

スポンサード リンク


歴史あるピンクジュエリー。眺めてるだけで妄想がはかどりますCIMG8604

【うるわしの歴史あるピンクの宝石たち。ドレスにこれを着けてみたい】

我が家にある宝石ではありません(当たり前)。こんなの家にあったら眠れない。

知人宅の蔵書に載っていたこのアンティークジュエリーたち。もう精巧すぎて、ちょっと震えがくるレベルです。

アントワネットのブレゲの懐中時計がこんな感じかも(ピンク関係ないけど)。

aa20081021_breg01出典 http://allabout.co.jp/

この細やかさ。ちょっと恐ろしくなります。触れるのさえためらわれる(庶民)。

値段がつけられないほどのジュエリーって、眺めてホクホクするだけで十分です。

【宝石はスキですか?私は眺めるだけでリッチな気分になれます】

CIMG8582こんなの一式着けたら、たぶん泥棒にさらわれちゃいます。昔のお貴族様は、こういうのを日常で着けてたんでしょうね、ステキ。

平常心で高額なジュエリーを着けられない小心者の私は、一生小市民なんでしょう。

CIMG8587どのカラーの宝石やストーンもウットリなんですが、やっぱり目がいくのはピンクのストーンが多い。

このゴージャスさに負けないドレスってどんなでしょうか?やっぱり王朝風?

dress出典 http://item.rakuten.co.jp/

こういうドレスに合いそうな気がする・・・!広がったバニエやコルセットをつけて、森の中を散策したりしたんでしょうか。

もうそういう世界観、ほんとに憧れます。和風も好きですよ。日本的な美ももちろんステキ。

でも、異国の貴族ライフってエキゾチックで、日本にはない底なしの魅力がある。

CIMG8589「コンシェシェルカメオ&ゴールドブローチ」。舌かみそうな名前。1860年ごろのイギリスのもの。

二層(ピンク&白)の女王巻貝に情景を彫ったものだそうです。

「女王巻貝」ってそれだけで圧倒される名前。どうやら「ピンク巻貝」のことらしいです。レアものなんでしょうね。

ピンクのグラデーションがうるわしい・・・!

CIMG8592「アルマンダインガーネット&シルバーネックレス」by イギリス。1904年の作品。

ガーネットは赤いハズだけど、ピンクに見える。「アルマンダインガーネット」は少し黒みがかってるそうですが。

真ん中の緑の部分は「ペリドット」。とても細やかな彫り込みです。私好み。手に入ることは一生ないけど。

CIMG8600これもまたなんてキュートなんでしょうか!レッドピンク系のストーンがぐるりと配置されてます。鳥が二羽。

リボンの装飾まですごいことになってますね。ウェッジウッドブルーのような周りのマットカラー配色もスバラシイ。

CIMG8603「R」文字をあしらった・・・ブローチ?(無知)。赤いストーンかもしれませんが、明度が高いせいかピンクに見えます。

そこらへんで採掘されたものじゃなくて、一級品の原石から作られてそうです。王家の紋章っぽい。ステキ。

CIMG8607これ、現代でも通じるデザイン!かわいいです。欲しい。

ペンダントトップでしょうね。似たデザイン作ってるところないかなぁ?ピンクストーンがいくつか配置されてます。

ピンク×ゴールド、ピンク×シルバー。どちらもピンクに似合う色。

【宝石店に気軽に入れない庶民は、こうしてメディアで楽しむのです】

CIMG8609今回知人宅でお借りしたこのジュエリー本は、美術館で販売されてる系の本。ふつうに販売されてないので、写真を撮らせていただきました。

デパートとかで、宝石展示会とかよくやってますね。でも一人では絶対に入れない。

だから、こうしてメディアを通じて眺めて楽しむんです。2Dですけどね。これだけで妄想が広がるんです。

「このピンクジュエリーは、どんな貴族の女性が着けてたんだろう」

「これを着けてた時、どんなドレスに身を包んでたんだろう」

そんな昔々実在した人に思いをはせると、その異国の貴族世界へ脳内トリップできます。

CIMG8602こういう淡いフレッシュなピンクは、若い女性のものだったんでしょうか。

それとも、年齢問わずピンクを身に着けてたんでしょうか。気になります。

毎日歌って踊って競うように着飾って・・・という生活、それはそれで疲れそうですけど、

着飾る機会もめったにない自分からすれば、

「そんな時代に生まれてみたかった・・・(しかも貴族として)

とか思っちゃうワケです。

 

でも今、私が身に着けるジュエリーはプチプラ揃いです。

いつか本物のジュエリーを手にする日がくるんだろうか(いや来そうにないな・・・)。

歴史ある大層なジュエリーは私には向かないけど、この位の物は時々取り入れてます♪



気になる黒ずみをササッとピンクにしてくれる柔らかい筆ペンです♪唇・ワキ・Vゾーン、あなたならどこに使う?

ピンクマニアな私が愛用しているマニキュアじゃないNEWマニキュア!爪に優しい!アルコールで落とせる ソフトジェル マニキュアウォーターベースの美容液ネイル

↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑


スポンサード リンク


今日の記事は面白かったでしょうか?
管理人は単純なため応援して頂けると非常に喜びます(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
わたしのブログに遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
読者様のご声援により、毎日の更新の力が湧いてきます。゚(PД`q。)゚。

この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ