ローソン『冷やして食べるドーナツ』ピンクスイーツを深夜に食す幸せ

スポンサード リンク


ローソン『冷やして食べるドーナツ』ピンクスイーツを深夜に食す幸せCIMG8400

【夜中の突然の食欲。冷やして食べるドーナツをゲットしてしまった】

昨日の夜、どーーーーーうしても!生クリーム系のケーキが食べたくて、コンビニへ走ってしまいました。

で、最寄りのローソンに駆け込んで、生クリーム系のがっつりケーキを発見。その名も『冷やして食べるドーナツ』180円。

ピンクチョコがけの巨大ドーナツ・生クリーム入り。銀のアラザンがかかってて、「これぞ、あたしの求めてたお菓子!」と勢い込んで購入。

最初はロッテ「雪見だいふく」もいいなぁと思ってたんですけど、いかにも高カロリーで甘くておいしそうなこのスイーツを発見したら、矢も盾もたまらず即チョイス。

だって、こんなにおいしそうなんですよ?買わずにいるなんてできない!

CIMG8402というわけで、買ってきました。見てるだけでホクホクです。深夜のオヤツとしては不適切だと分かっていながら。

開封前から漂う、ストロベリーの香り。こんなにかわいいドーナツなので、そのまま食べずにお皿にちゃんと盛り付けて頂きました。

CIMG8403ピンクのたち吉のお皿。たち吉は最近「事実上の倒産」とニュースで騒がれてましたが・・・なじみ深い老舗メーカーだけにちょっとショックです。

でもたち吉ファンは根強い。私もその一人です。どうにか再生してほしいところ。

【さて、本題。ピンクのドーナツケーキをキンキンに冷やして、頂きます!】

CIMG8405いや、ケーキってなんでこんなにかわいいんでしょう。ケーキを見ているだけでほんのりと幸せ。

コンビニスイーツにこんなにカワイイのがあったなんて。コンビニスイーツってわりとシンプルなものが多いんですけど、これは特別。

サッとかけ流してある白いクリーム筋も、生クリームの絞り痕も、アラザンもイチゴのクラッカーも、すべてカワイイ。

しばらく目でみて堪能してから、フォークを入れました。深夜に味の濃い高カロリーのものを食べるのって、ほんのちょっとの罪悪感と、それをしのぐほどのワクワク感があります。

なんだろう、背徳感でしょうか。この悪だくみっぽいトキメキ。

 

昔、「おとなのふりかけ」っていう商品があって(今もある?)、そのCMで、両親が深夜にお茶漬けを食べているのを見た子供が、「大人って!大人って!(夜に美味しいもの食べてズルイ!)」と怒り狂っているシーンがありました。

そう、この深夜にお菓子を食べる幸せは、大人になった今にしか許されないモノ。

子供の頃は、親にいろいろ制限されてましたから、体に悪いことはぜんぶ排除されてきた。それが、今は自由きままにできちゃう。それが心地よい背徳感につながってるんでしょう。

などと、しょーもないことを分析しつつ、コンビニスイーツ、おいしくいただきました♪

【冷やして食べるドーナツだけではない!スイーツは女性が大好きなモチーフ。夢が詰まっている】

cupcake_l

スイーツってどれもキラキラふわふわしてますよね。甘くておいしそうで、いい香りで。ピンクをはじめ、いろんな色のトッピングが乗っている。

カラースプレーやアラザンに、幼い頃すごくときめいてました(今でもトキメキまくりですが)。ちまちましたものがいっぱい詰まってるデザインに、女性は弱いような気がします。

パフェなんて最たるものです。ウエハース、板チョコ、サクランボ、アイスクリーム、ゼリー。ありとあらゆるカワイイものが乗っています。ときめかないワケがないです。

女性ならではの感覚なのかもしれませんが、スイーツが大好きなのは、女性の本能のような気がします。

 

この間テレビでやっていたのが、この冷やして食べるアイスドーナツ!夏にピッタリのスイーツで贈り物や手土産なんかにもすごく喜ばれるみたいです♪女性なら、これは見ただけでワクワクしちゃいますね(笑)



気になる黒ずみをササッとピンクにしてくれる柔らかい筆ペンです♪唇・ワキ・Vゾーン、あなたならどこに使う?

ピンクマニアな私が愛用しているマニキュアじゃないNEWマニキュア!爪に優しい!アルコールで落とせる ソフトジェル マニキュアウォーターベースの美容液ネイル

↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑


スポンサード リンク


今日の記事は面白かったでしょうか?
管理人は単純なため応援して頂けると非常に喜びます(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
わたしのブログに遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
読者様のご声援により、毎日の更新の力が湧いてきます。゚(PД`q。)゚。

この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ