足裏の痛みが「モートン病」診断されたので100均グッズで対処中

足裏の痛みが「モートン病」診断されたので100均グッズで対処中

足の指の骨の間隔を広げるためのグッズが100均に置いてありました。

カユイところにまで手が届く100均の品ぞろえ、恐るべし!

足指に挟み込んで使うもの。繰り返し洗えるエコなスグレモノです♪

ビックリ・・・!「モートン病」って何?

世の中には何万という病気が存在していて、

そのほんの一部しか私たちは知ることがない・・・

そんなことを、この足の病気の診断で思ったりしました。

足の裏のあるポイントに不快な痛みを感じるこの「モートン病」。

Morton(モルトン)という人が発見したことからこの名がついてます。

(=「モルトン氏病」「モートン神経腫」とも)

整形外科でこの病名を聞かされた時は、初耳すぎて2度聞きでしたね。

「コアすぎる・・・」と思いきや、意外と女性には多い病気とのこと。

足の甲にある指同士のホネの隙間の神経が圧迫されて、痛むのがおもな症状。

足のカタチがあまりよくない人がなりやすい症状で、

(1)足の甲のアーチ構造が崩れている人

(2)幅の狭い靴を履き、足指同士の間隔が狭まっている人

(3)偏平足で、とくに子供時代に運動不足の人

に多いそうなんです。ポインテッドトゥの靴を履いている人はご注意を。

(1)のアーチ構造というのは、足を指先側から見たときに、

カマボコのようなアーチにならず、平坦になっている人(偏平足含む)。

歩き方が悪い人(カカトから着地していない等)にもよく起きるとのこと。

これ、痛みが取れないのでかなりユウウツ・・・。

同じ悩みの人が周囲にいないので、悶々と一人で戦っています・・・★

解決策は、”足指の間隔を広げること”

痛みの種類は、虫歯のズキッとする神経痛にソックリで不快すぎます。

インソールなどで足アーチを広げ、バランスを良くしていくしかないんですが、

こういう足指を広げるグッズってすごく有難い。

長期戦になるけど、いつか正しく歩けるようになるといいなぁ^^

100均のこの「指先快適クッション」は左右各1コ入。左右平等に

広げてあげないと、これまたカラダ全体の歪みに繋がるので注意が必要です。

透明素材なので、肌色ストッキングの時でも目立たない。サンダル時にも◎。

ムレやすいですがお風呂などで洗ってしまえばOK。

足指が広がると、全身の疲れ方が違います♪

お目汚しですが足指、ものすごいハンマートゥです。

骨レベルで異常ありすぎ。診てもらったお医者さんにも、

「この足で異常が起きないほうがおかしい(笑)」と言われる始末。

考えたら足って可哀想です。だって、常に全身の重い体重を一手に引き受けて

毎日頑張っている。でも、あまり労わってあげてない気がします。

”体のアチコチが無事動く”というだけで、感謝に値するんですよね^^

そういうのを普段はすっかり忘れている。

失ってこそ分かる有難みって、そこらじゅうに散らばってるんですね^^

健康に限らず、万事に言えることだけど☆




スポンサード リンク




この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ