花鳥園の南国花に学ぶ!ピンク配色カラーコーディネート

スポンサード リンク


花鳥園の南国花に学ぶ!ピンク配色カラーコーディネートCIMG7452

【究極のドハデなピンク配色!南国のピンクの花に学ぶカラーコーデ】

このダイナミックな混色!南国の花ならではの強め配色ですね、目に鮮やか!

花鳥園にいったときに撮ったものですが、日本に咲くどんなお花にも、ちょっとみられないハデ色です。

お花も日差しが強い国だと、こういう色づかいになるんでしょうか?何かを目に訴えてくるかのよう。

ちょっと毒々しいような気もするけど、この配色はこれでバランスがいいんですよね。

【ピンク系のお花。カラーコーディネートの立派なお手本になる!】

ピンクと合う色ってなんだろう?」と、ファッションやインテリアを考えるときに思います。

ところで私の部屋は、ピンクが基調です。でも、ピンクばっかりじゃ甘すぎるし、たぶん飽きてくる。暑い季節にはちょっとピンクは胸やけしそうだし・・・。

(ピンク×白、ピンク×黒、ピンク×???・・・)と考えていくと、いろんな発見があります。ピンクも合わせる色によって、全然イメージが違ってくるんですね。

ってなワケで、ピンクと合わせると映える色を、この花鳥園のお花から学んでみたいと思います!

【お花が持つ色合わせのセンス。ピンクと相性のいい色って何色?】

≪薄ピンク×白≫

CIMG7512下向きにぶら下がる珍しいお花。このままベアドレスを作ったら、すごくステキなピンクのグラデーション配色になりそう♪

dress出典 http://item.rakuten.co.jp/

私の中では、こんなロングドレスのイメージ。裾広がりのグラデーションピンクがロマンチック♪(うっとり)


≪薄ピンク×深緑≫

CIMG7517自然がもともと持つこの色の組み合わせ。色の分量なども参考にしてみたいです。たとえば深緑×少量の薄ピンクはきっと似あうハズ。


≪薄ピンク×オレンジピンク≫

CIMG7525これだけでもう完成されたドレスデザインみたい♪端にいくにつれてだんだんオレンジが濃くなっていく、その途中にピンクが少し混じってます。

ピンクとオレンジって難しそうだけど、こうして見てみると意外にムリのない配色かも?南国寄りの元気なカラーコーディネートです。

nail出典 http://item.rakuten.co.jp/

ネイルだとこんな感じ?ビーチに映えそうな明るい配色。常夏カラーです。


≪青みピンク×白×浅緑≫

CIMG7561ハスの花。名前が分かるのはこのお花だけ(笑)。

ちょっと青みがかった淡いピンクと白、そして葉っぱに続く浅い黄緑。パステル同士のかけあわせが、とっても可憐。若々しくフレッシュな配色でもあります。

【自然の中にある配色バランスは、間違いのない配色】

sumire人間の体が持っている色、動物の色、自然の中に存在する色は、”コーディネートとして間違いのない色”だと思うんです。

天然に作られた配色はもっとも美しい。その分量や色の濃さ、配置など、すべてが調和が取れていて、とっても華麗です。

ピンクのお花が持つ配色をじっくり見てみると、思わぬ色の組み合わせが発見できてオモシロイ。

自分では絶対に思いつかない斬新な配色が、お花の中には混じっています。

 

そういう思いでピンクのお花を眺めると、また違った趣(おもむき)がありますね。

私のお部屋のピンクコーデにも、お花から学んだ差し色を加えて、リフレッシュピンクに仕立て上げたいものです。



気になる黒ずみをササッとピンクにしてくれる柔らかい筆ペンです♪唇・ワキ・Vゾーン、あなたならどこに使う?

ピンクマニアな私が愛用しているマニキュアじゃないNEWマニキュア!爪に優しい!アルコールで落とせる ソフトジェル マニキュアウォーターベースの美容液ネイル

↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑


スポンサード リンク


今日の記事は面白かったでしょうか?
管理人は単純なため応援して頂けると非常に喜びます(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
わたしのブログに遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
読者様のご声援により、毎日の更新の力が湧いてきます。゚(PД`q。)゚。

この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ