【イソジン新聞広告】ピンクのカバ訴訟の行方~明治vsシオノギ

スポンサード リンク


【イソジン新聞広告】ピンクのカバ訴訟の行方~明治vsシオノギs-1281

【ただいまの後は~♪でおなじみのカバくんが・・・】

我が家にも常備してあるイソジンうがい薬。

長年明治さんから出ていて親しみ深かったカバさんですが、このキャラクターについて

なにやらモメている、というニュースを目にするようになりました。

私、最初はてっきり「製造メーカーが明治⇒シオノギ&ムンディファーマ(米国)に移るんだ」と

勘違いしてました。でも、そうじゃなかった。

これからは、「イソジン」というブランドのうがい薬を、

①明治

②シオノギとムンディファーマ

2社(ムンディ入れて3社)でそれぞれに販売する、ってコトだったんですね!(合ってる?)

もともとイソジン販売の承認は明治さんが取得していて、

そのあと、ムンディさんと明治さんとで商標ライセンス契約をしていた。

ところが、2015年12月に、シオノギさんとムンディさんが

「イソジン」ブランドの独占的な販売提携契約をかわした。

そして2016年4月1日からは、

★明治さんからは「明治うがい薬」

★シオノギヘルスケアさんからは「イソジン」

で販売開始されることになった。

でも、今回の訴訟はそこが問題ではなく、

kaba出典 http://www.asahi.com/

ムンディさんが使用希望する、

このナゾのカバさんイラストが問題らしい、ということです。

たしかにカバさんちっく!だけど手書き感がプラスされている・・・?

カバなのかどうかもよく分からないんですが、明治のカバくんに類似していますよね。

【明治サイドは、”カバに似たキャラ使用を禁じた”のに・・・】

明治さん側の主張はこうです。

「『カバくん』に類似したキャラクターを使用した商品の製造販売を行わないで」と。

昭和60年からずっと親しまれてきたカバくんのイラストは

「ウチ(明治)のものだよ」みたいな感じでしょうか。そりゃそうですよね。

イソジンの中身はイソジンのままだけど、

皆が皆、パッケージをじっくり眺めて買う人ばかりじゃないんですね。

私も、イソジンを店頭で買うときは、パッと見でなんとなく

見覚えのあるパッケージデザインを選んじゃうと思うんです。

その証拠に、下の2つの写真をご覧ください。

s-isojin-after

s-isojin-before

これは、明治さんが「パッケージ変更でしばらくデザインがこんな風に混じるかも」と

告知しているんですが、私、たぶんこの差を見逃してしまう。

こういう茶系の箱&カバさん系イラスト=イソジン、と認識しちゃうので、

ここにもしシオノギさんのパッケージが混じっても気づかなさそうなんですよね。

そういえば、正露丸パッケージ酷似問題でも同じように訴訟になってましたが、

「パッケージがソックリで製造メーカーが異なる」というのは

ゆゆしき問題です。メーカーの死活問題につながります。

s-1282

この日の新聞には、『”明治の”カバくん』というほのぼの4コマが掲載されてました。

明治さんの紙面での主張、といったところでしょうか。

この訴訟についてはさまざまな意見があるみたいで、

「消費者にとってはイソジンはイソジン。カバは使ってほしい」

という声も。

うーん、立場によって意見が分かれちゃうんですね☆難しいなぁ。。><

というわけで、ピンクのカバさんの立ち場も揺らいでいますが、

イラストに罪はないため、カバくんが不憫に思えてなりません。

うまく決着つくといいなぁ。



気になる黒ずみをササッとピンクにしてくれる柔らかい筆ペンです♪唇・ワキ・Vゾーン、あなたならどこに使う?

ピンクマニアな私が愛用しているマニキュアじゃないNEWマニキュア!爪に優しい!アルコールで落とせる ソフトジェル マニキュアウォーターベースの美容液ネイル

↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑


スポンサード リンク


今日の記事は面白かったでしょうか?
管理人は単純なため応援して頂けると非常に喜びます(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
わたしのブログに遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
読者様のご声援により、毎日の更新の力が湧いてきます。゚(PД`q。)゚。

この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ