ゴディバのピンクの缶欲しさに、セルフチョコを買う私

スポンサード リンク


ゴディバのピンクの缶欲しさに、セルフチョコを買う私CIMG6748

【GODIVAの缶欲しさに、セルフチョコを買ってしまった】

やってしまいました、2015年のホワイトデー。自分に向けて、去年からずっと欲しかったGODIVA(ゴディバ)のチョコレート「缶」を買ってしまったのです・・・。このハートの缶欲しさに、高額のチョコを買う私。

もちろん、ゴディバチョコはおいしいです。でも、このパッケージがどうしてもどうしても去年から欲しくて、オンラインショップ通販でずっと悩んでました。5000円超だったと思います。

たくさんのピンク&白のハート柄に、ラインストーンが乗った乙女なデザイン。去年もほぼ同じデザインのものが販売されていて、「かわいい・・・!でも高いしムリ」とあきらめてたんです。

ところが、2015年の今年も、同じパケの販売が始まり、いてもたってもいられなくなってしまい・・・。ついポチってしまいました。

CIMG6749もちろん、チョコも入ってますが、6粒だけです。ものの数分で食べ終わる量。もちろん、このチョコのデザインを見てもウキウキしちゃいますけどね。でもやっぱり消えモノなので、缶メインみたいなもんです。

【内側の鮮やかピンク、タマラナイ!GODIVAのチョコ缶】

底面のみ、鮮やかなピンクカラーがほどこされてます。ああ、なんてかわいいの・・・!

CIMG8136たぶんこの缶だけで、2~3000円くらいすると思います。ちょうつがいの部分とか、全体的につくりがいいんですよね。ゆっくりフタが閉じる。パタンと急に閉まらないんです。みなぎる高級感。

インテリアとして置いておくだけでもホクホクですが、何か小物入れに使いたい。

CIMG8138たとえば、アクセサリーケースに活用したり。

CIMG8140なくしやすい小物の整理に使うのもいいですね。

というわけで、GODIVAのパッケージは罪つくりです。あまりにもカワイイ。

【ゴディバ(ゴダイヴァ)夫人伝説。ゴディバの名はこの女性からつけられた】

ゴディバチョコを買うと、かならず入っているゴディバ命名の経緯が書かれた紙。

その説明書きによれば、11世紀イングランドで、夫の悪政をいさめるため、その妻であるゴダイヴァ夫人は、全裸で馬に乗って街を巡ったのだとか・・・(!)なんということでしょうか。

これは史実ではないそうですが、有名な伝説として、恥じらう裸婦の絵画も残っているほど。その夫人の心の清らかさから名付けられたのが「GODIVA」らしいです。

【「バレンタインチョコといえばゴディバ」という風潮】

153004_1出典 http://www.godiva.co.jp/onlineshop/

昔から「チョコレートギフト(バレンタイン)はGODIVA」と言われます。「ゴディバを贈れば、間違いない!」みたいな。私もずっとそう思って生きてきましたが、ほかにもいろんなチョコブランドがあることを最近知りました(遅)。

ほかにもパッケージがすごくハイセンスでカワイイブランドがいっぱいあるみたいで、楽天とかで調べたら、また缶デザインのみで選んでしまいそうなブランドチョコが目白押しだったりします。

すでに来年のセルフチョコの目星もつけてあります。また缶デザイン重視のチョイスになる予感です。何やってんでしょうね、私。



気になる黒ずみをササッとピンクにしてくれる柔らかい筆ペンです♪唇・ワキ・Vゾーン、あなたならどこに使う?

ピンクマニアな私が愛用しているマニキュアじゃないNEWマニキュア!爪に優しい!アルコールで落とせる ソフトジェル マニキュアウォーターベースの美容液ネイル

↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑


スポンサード リンク


今日の記事は面白かったでしょうか?
管理人は単純なため応援して頂けると非常に喜びます(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
わたしのブログに遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
読者様のご声援により、毎日の更新の力が湧いてきます。゚(PД`q。)゚。

この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ