グリコ「ジャイアントカプリコ」ピンクのいちご味の破壊力

スポンサード リンク


グリコ「ジャイアントカプリコ」ピンクのいちご味の破壊力CIMG8158

【カプリコはピンクの「いちごジャイアント」でなくちゃならない】

カプリコ。江崎グリコの昔からの定番商品です。もうこれ、子供のときは1本まるごと食べるのがすっごく贅沢な気がしてました。今でもその気持ちは変わらず。

しかも、カプリコを買う時はかならずピンクのイチゴ味、ジャイアントサイズでなくてはならない。これ、自分の中の鉄則だったりします。

なんでしょうね、このカプリコの贅沢感は。カタチがいい、というのもあると思います。逆三角形の花束のような形。それに、明らかに高カロリーなチョコの量。

そして、イチゴの甘い香料。原料にイチゴが入ってなくたって構わない。このチープなイチゴチョコの味がたまらない。エアインチョコという点も高ポイントです。

ちなみに、このジャイアントカプリコ(いちご味)、 1本あたりのカロリーは、なんと194キロカロリー。見るからに高カロリーなのは分かっています。でもやめられない・・・!

【贅沢なジャイアントカプリコ。このワクワク感はなんでしょうか】

CIMG8159「でっかいおいしさ」。まさに。お店でこのパッケージに遭遇すると、買わずにはいられない何かがあります。

CIMG8160茶色・白のカプリコや、小さくて本数のいっぱい入ったお徳用カプリコもありますよね。でも、私はこのピンクのジャイアントカプリコ1本をまるまる食べるのが幸せなのです。

CIMG8161原料高のせいか、昔よりひとまわり小さくなってしまったジャイアントカプリコ。もはやジャイアントじゃないかもしれない。でも私は買うのです。この贅沢なプチプラ菓子を。

CIMG8162淡いピンクが可愛い♪開封すると、イチゴのあま~い香りが一面に広がります。子供のころから変わらない香り。

ただ、コーンがバリバリになって、かけらを落とさずに食べることは不可能。美しく食べることができないお菓子です。

それでもひと口めをかじりつくときの幸せ感は、なにものにも代えがたいものがあります(どんだけ好きなの?)。

CIMG8163歯の裏にくっつくのも、口のまわりがチョコだらけになるのも、エアインチョコの宿命・・・。

ピンクのチョコ部分が終わると、残りは地味な茶色のチョコが最後まで続きます。名残惜しさ満点。やっぱりおいしい。チープなのに贅沢なおいしさ(矛盾)。

【よくみたら、カプリコってアイスクリーム型だった】

今までこれだけ食べ続けてきて気づかなかったんですが、カプリコってアイスクリームの形なんですね。なんで気づかなかったのか・・・。

アイスクリームのサイズなのに、ギッシリとコーンの底までチョコが詰まっている。それがすごく贅沢感をかもしだしていたのかもしれません。

とにかく、子供の頃に親にせがんでもなかなか買ってもらえなかったのは、チョコの量がハンパなく多いこと&高カロリー菓子だったからなんでしょうね、きっと。

大人になった今でも、「ああ、吹き出物になるかも・・・」と思いつつ、ちょっぴり背徳感を味わいながら食べてます。大人の贅沢(?)ってヤツですね。

一時期ハマって、大人買いしていた事もありました・・・



気になる黒ずみをササッとピンクにしてくれる柔らかい筆ペンです♪唇・ワキ・Vゾーン、あなたならどこに使う?

ピンクマニアな私が愛用しているマニキュアじゃないNEWマニキュア!爪に優しい!アルコールで落とせる ソフトジェル マニキュアウォーターベースの美容液ネイル

↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑


スポンサード リンク


今日の記事は面白かったでしょうか?
管理人は単純なため応援して頂けると非常に喜びます(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
わたしのブログに遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
読者様のご声援により、毎日の更新の力が湧いてきます。゚(PД`q。)゚。

この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

“グリコ「ジャイアントカプリコ」ピンクのいちご味の破壊力” への1件のフィードバック

  1. […] かつてのブログ「グリコ ジャイアントカプリコ ピンクのいちご味の破壊力」で […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ