2017年春夏はピンク流行の兆し!ピンク尽くしでワクワク♪

2017年春夏はピンク流行の兆し!ピンク尽くしでワクワク♪

【2017年はピンク旋風!春先のわくわく感がタマラナイ!】

今日ニュースキャスターの女性が、ピンクのグラデーションの服を

ステキに着こなしていました。「春が近いんだなぁ」と感じるとともに、

”2017年の春夏はピンクが流行る”という情報を目にしていたので

季節柄だけでなく、いろんなピンクが出揃う1年になりそう。今から楽しみ♪

ちなみに、キャスターの方のお洋服は、上が淡いスモーキーピンクのジャケット、

インナーシャツは淡い桜色、そしてタイトスカートは赤みの強いテラコッタピンク。

なかなか一般人にはマネの難しい色合わせですが、目を引きますね。

女性らしいし春先取りな感じで、すごく可愛かったです^^

なんでも今年は男性もピンクを取り入れるべし(!)とのこと。

男性のピンクは赤に近い、ダークピンク系を1点取り入れるのがいいそうです♪

会社なんかでもピンクのシャツをさらりと着こなす男性は、ポイント高いです。

ピンクってお肌がキレイでないと似合わない色なので、

ピンクが似合うっていうことは、スキンケアがきちんと出来ている証。

ネイルも手肌の明度が高くないと、妙に浮いちゃいますし。

とはいえ、こんなにピンクについて熱く語る私ですが、

ピンクを着こなすのが下手&ニガテなのはそのあたりの理由によります。

小さい子にピンクが似合うのは、お肌がきれいで透明感があるからですよね。

「ピンクが好きだけど似合わない・・・」とお悩みの方は、

彩度や明度の低いピンク&お肌の透明感のバランスを考えてみると

いいかもしれません^^

【今年はメイクもピンク旋風♪たとえば・・・】

去年100均ダイソーで入手したアイカラー。これ、人気ですよね^^

ちょっと姫っぽいデザイン(てっぺんのジュエリーモチーフとか)が好評で、

発色もいいと評判。私もピンク&グリーンを買ってみたんですが、

やっぱり最初はピンクに難儀しました。目が・・・腫れぼったく見える><

日本人のまぶたって眼窩(がんか:目の骨のくぼみ)が浅く、肉厚なので

凹凸がもともと少なくノッペリしちゃうんですよね。

さらに、くっきり幅広二重ならいいんですが、あいにくの幅狭の奥二重。

「これでピンクなんて乗せちゃった日には、モッタリした目元になってしまう!」

長年ピンクは取り入れてこなかった(青みピンクならどうにか・・・)。

ですが、この春はピンク旋風なので、メイク情報を漁って

腫れぼったくならないピンクメイクをプチ研究してみました。

すると、やっぱりピンクは面積が肝心!部分的に極小面積で色を乗せるだけなら、

引き締めカラー(黒や茶)も入れられるので、腫れた目になりにくいです。

涙袋のところにピンクを入れるのもいいし、上まぶたなら

目のほんのキワのところに「ポン」と色を乗せる感じ。

目の形を無視した風味で、カラーを入れるとコナレ感が出ることが判明。

※アイホール全体に乗せると、腫れぼったくて大変なことになるので注意(笑)

ピンクの色系統選びも大事ですね。ベビーピンク系は難しいので

思い切り濃いピンク、または青みピンクなどが引き締まっていいかもしれません。

また、今年流行りのミニバッグ(モノが入らないお飾り系ショルダー)もピンクが人気です。

2017年はデニムも流行ですが、メンズライクなデニム素材にピンクを合わせると

すごくカジュアル&健康的でキュートに仕上がりそう^^

私もぜひ、今年こそはピンクを取り入れてみたいです(雑貨小物だけでなくて)




スポンサード リンク




この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ