「たべっ子どうぶつ」ギンビスの懐かしいお菓子♪久々に購入

「たべっ子どうぶつ」ギンビスの懐かしいお菓子♪久々に購入

【このお菓子おぼえてる?ファンだった人も多いのでは】

ギンビスさんの「たべっ子どうぶつ」。昭和生まれの方ならおなじみでしょう^^

なぜイイ大人の私がこれを買ったかというと、さいきんお菓子の選び方が

ちょっとマズイな・・・と思い始めたから。

味の濃い油系スナック菓子、とにかく辛口の大人の味付け菓子、

もしくはチョコレートコーディングの生クリームサンド系菓子ばかりを

夜遅くにつまんでしまうクセがついてしまったのです。

夜中に小腹のすくのは自然現象、だけどできれば体にいい食べ物がいい。

チーズとか大豆とかがベストだけど、

ときにはザクザク美味しいスナック菓子も食べたくなります。

そこで、スーパーでウロウロしてみました。すると、たまたまなんですが

体にやさしいお菓子コーナーというのが、幼児向け菓子の棚にできていたんです。

さいきんはアレルギー体質のお子さんも増えているとかで、

アレルギー成分を含まない、低カロリーなどの工夫のされたお菓子のみを

置くコーナーが登場してました。これはいいアイデア♪というわけで、

大人の私も便乗して、体にやさしいお菓子を買い求めてきました。

【昔とデザインが変わっていた!さらに学習要素UP】

OPENしてみると、サザエさんのようなじゃんけんが始まっていました(笑)

「グーだよ」とフタの裏に書いてあって、パーとか出してるヒマもなし。

もっと昔はシンプルデザインだった気が・・・パケがカラフルになってます。

卵不使用で、DHA&カルシウム入りだそう。でも味は変わってません♪

相変わらずの美味しさ。表面の塩気が程よいです。ちょっとビスコっぽい味わい。

そしておなじみの動物シルエットクイズ。

「DEER」・・・なんでしたっけ(笑)☆

よくよく見たら、首が折れている。じつは「鹿」でした。

箱の裏には答え合わせが。これ、英語に触れていない人には

けっこう難易度高め。有名な動物しか分からなくて泣きそうです。

シルエットを見ても分からないとか・・・英語、もっと勉強してくるんだった!

動物の種類は公表で46種類となっていますが、実際は違うとのウワサ。

折れやすいシルエットの動物は避けて作られている様子です。

この「たべっ子どうぶつ」は中国やハワイなど、海外でも広く流通しています。

箱の内側にも英語のお勉強印刷が。

そして、底面にはブタさんの可愛い絵があり、

「切り取ってコースターなどに使ってね!」とあります。

というわけで・・・

カワイイので切り取ってみました。

コースターに使えるかどうかは置いといて、デザインいいですね^^

しばらく食卓に置いて楽しみたいと思います♪




スポンサード リンク




この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ