戦隊モノのピンクってほかの色の服着ないのかな?

ランドセルは脱・ピンク化の波。なのに・・・

世の乙女のランドセルはピンクのみならず

さまざまな色に変わっていくというのに、

 

 

戦隊モノヒロイン(紅一点)のコスチュームは

「あいかわらずピンクなんだよなぁ・・・」

とフシギに思い、今日のブログをしたためています。

 

 

 

「紅一点」=「桃一点」に言い換えられるほど

戦隊モノに混じった1名の乙女は、全身ピンクな恰好をしている。

戦隊モノは基本、男の園です。

で、戦隊ピンクはというと、添え物的な感じで

花として扱われることが多い。なので1名なんだろうなぁ。

 

もしンクが3人とか占めてたら、何度かクレーム来そうな予感。

(そういう戦隊モノはあるのかな?あるなら知りたいけど見たことない)

 

 

もちろんピンクだって戦うんだけど、けっこうな割合でピンチに陥ります。

そんなときは他の隊員(?)が助けに来てくれる。かよわい要員というか。

戦隊ピンクはたいていこんなコスチュームです。

けっこう可愛い。ちょっとオシャレっ気も出してるし色気もある。

戦う気満々かというとよく分からないんですね。

 

 

色については、子供向けなので「分かりやすいピンク=女の子」なのでしょう。

もしこのピンクレンジャーが全身赤だったら、女性にはきっと見えない。

 

 

やっぱりまだまだ”女の子色=ピンク”という構図になっている。

自分にもそういう刷り込み&思い込みがあるのが分かります。

 

あと、男性にはピンクの着こなしが難しい、というのもあるかも?

とくにパワー系戦隊レンジャー達に、やさしげなピンクは不似合いだし

ピンクって戦いの意欲を殺ぐ色。なので、女性的なカラーなんだと思うんです。

 

 

さいきんの戦隊ピンクは衣装がハデ化

ア〇ゾンでこんなの見つけました。宇宙戦隊キュウレンジャーのワシピンク。

その名のとおり、ワシが仮面を覆っている斬新なデザインコスとなっています。

 

戦隊ピンクの元祖といえば「秘密戦隊ゴレンジャー」のモモレンジャー。

ハートの仮面がポイント。爆弾処理担当だったようです。

 

 

かつての中の人であったペギー松山さん(葉山さんに非ず)は

黒髪ロングのセクシー担当だったようで、やっぱり戦隊モノにおける

ピンクの存在意義ってそういうことなのか・・・と改めて感じます。

最後にシンケンジャーのピンクの人。

これだけ見ると違和感しかないですが、

シンケンジャーは”侍戦隊”。和風コスなのでおかしくはないのです。

よく見たらマスクも隈取みたい。

 

全体的にコスチュームはスタイリッシュになってきている感じ。

時代の流れでしょうか。自己主張は強くなる傾向。

 

でもピンクがメインの戦隊モノはやっぱり見たことがない。

戦闘本能は男性の特権、みたいな感じかもしれないな^^

 

 

ピンク色を選ぶ&嫌う深層心理が気になる!なぜピンクを好むのか

女児の好み⇒「ピンク服のあとに水色服しか着なくなる傾向」らしい!

「ピンクと合う色ってなんだろう?」~ピンク×カラーコーデ考察



スポンサードリンク







この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ