来客用のバラ柄のグラスで飲むと一瞬ベルサイユにトリップ可能

いつもと違うグラスでお茶を飲むということ

 

ふだん使いのコップは、どこにでもあるような無地の量産グラス。

でも、たまに引っ張り出して使うとワクワクするので

今日はバラ柄のお客様用のグラスを使ってます。

 

このバラ柄がなんともいえずスキ。控えめながら、

いつもの飲み物がちょっとスペシャルに見えるんです。

 

 

気分をアゲたいときには、ただの麦茶でもこのグラス。

お茶を飲みながら、だんだんグラス内側に表れてくるバラの花を

「かわいいなぁ」と思いつつ眺めるのが楽しい。

 

 

たいした有難みもなく「単なる水分」と思って飲み干すのと、

グラスの柄をホクホク眺めながら、ゆっくり味わって飲むのと、

お茶の愉しみ方がまったく違ってきます。

 

 

砂漠のど真ん中で道に迷って飲むお茶ならガブ飲みOK。

だけど、優雅に飲むことが許される状況なら(冷房効いた室内とか)

たまには気取って飲みたい。気分はお城に住む姫です(年齢度外視)。

 

とくにこういう脚付きのローズ柄グラスだと、姫感ますますUP。

このグラスを傾けながら、

 

今日のベルサイユは大変な人ですこと・・・!」

 

一人の空間なのに、登城の人の多さを嘆いてみるのも一興です。

 

 

 

 

ついでにテーブルクロスも超バラ柄

右端に写りこんでるのは、バラ柄テーブルクロス。

これでもかってなくらいにバラ柄。ロココ感すら漂います。

 

バラ柄の何がいいかっていうと、非日常感を演出できること。

とくに、白+バラ柄の組み合わせは最強に”姫”です。

 

バラ柄って、一歩間違うと痛々しい感じになりやすいです。

(事実自分もその兆候あり)

 

なので、ほんのちょっとだけ取り入れるか、

もしくは突き抜けるかの二択がオススメ。

 

 

気を付けたいのは、下品なきらびやかさを出しすぎないことです。

 

 

 

金ピカ×バラ柄も突き抜けててステキなんですが、

本当に高級品でないと、チープな痛々しさが出ちゃうんですね。

 

 

私のような庶民が、ベルサイユ宮殿の真似をしたところで

財力がまずケタ違いな上、部屋の広さもまったく敵わない。

 

 

高級品を置こうと思ったら、まず広さが大事なんですよね。

 

高級品(たとえば高額なロココ家具)はものすごいオーラなので、

それに負けないだけの天井高&空間の広さは必須だと思うんです。

 

 

なので、六畳とかでゴージャス家具を並べちゃうと、

いるだけで疲れる空間となってしまうんです。

 

 

なので、薔薇薔薇した姫部屋を庶民が作るとしたら、

調度品は極力、シンプルテイストを心がける。

ちなみにベースカラーが白だと、重厚感が減ってミスマッチが減ります。

 

 

 

だって、六畳の部屋にいきなりこんな鏡台が置かれてたら、

存在感&違和感で圧倒されて、かえって息苦しくて落ち着かないハズ(笑)

 

 

やっぱり何事もバランスは大事ですよね。

假屋崎省吾先生のお宅みたいなレベルならいいんですけどね^^

 

 

 

・・・なんてことを、バラタンブラーのお茶を味わいつつ

優雅に考察する私なのでした。姫部屋づくりは奥が深いです。

 

 

 

大人ゴージャスなピンク系姫部屋を考察してみるの巻

【麗しのピンクシャンデリア】お部屋の印象を一新!姫部屋LIFE

【姫部屋再び!?】あきらめたはずのピンクの姫部屋への憧れが再燃!

姫部屋にショッキングピンクの差し色をしたら大変なことになった



スポンサードリンク







この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ