マニキュアを塗ってない時も、ピンク色の健康な爪を保つヒケツ

スポンサード リンク


マニキュアを塗ってない時も、ピンク色の健康な爪を保つヒケツtsume

【”素の爪”のケア、正しくできてますか?ピンク色でツヤはありますか?】

マニキュアを取ったら、爪が白かった、黄身がかっていた、縦に線が入っていた、凸凹ができていた・・・などなど、爪にまつわる悩みって尽きないモノ。

とくに、いつもマニキュアを塗っている人、長年マニキュアを塗り続けてきた人、またジェルネイルやネイルアートにハマっている人。まわりにも大勢いますよね。

そういう人こそ、『休爪デー』を作って欲しいものです。自分自身もそうなんですけど、マニキュアって塗り始めると、もう塗らずにはいられないというか、爪に何も塗らない状態だと「まるで裸の爪みたい」って思えてきて、ずっと塗り続けちゃいませんか?

爪は硬いようでいて、じつは皮膚の一部。お肌と同じように、呼吸してるんです。だから、ずっとマニキュアで爪の表面を覆っていると、爪周辺の細胞が酸素不足になりがち。酸素が足りないと、いろいろな爪&肌トラブルがでてきます。

お肌のケアをするのと同じように、爪もケアしてあげましょう。爪がツヤツヤで血色のいいピンクになると、マニキュアも美しく映えますし、マニキュアのノリも良くなります。

やっぱり美しいネイルというのは、爪の”土台”が大事なんです。

【ジェルネイルはだんだん爪を弱らせる?正しいセルフネイルを】

WS000001おうちでジェルネイルを楽しむ人が増えてますね。LEDやUVの青い光を当てて、合成樹脂を固めて数週間ネイルを美しく保つことができます。お手軽で人気。

わざわざネイルサロンまで足を運ばずとも、自分で好きなデザインが格安で作れちゃうので、つい凝ってしまう人も多いと思います。でも、ちょっと待った!

ネイルをずっと続けている人で「自爪が弱々しくなってきた」と思うことはありませんか?私も二枚爪で、「だんだん爪の厚みが減ってきた」と感じる一人。

爪の先から割れる、プルタブを開けようとすると爪先が折れる、なんてことはしょっちゅう。でもそれって異常なんですよね。爪の健康が損なわれている印。貧血気味の人も、二枚爪になるそうです。

また、加齢とともに、爪にはタテ筋が入ることも。「加齢ならしょうがないじゃない」と思うかもしれませんが、それを隠すためにまたネイルを塗り重ねていくと、どんどん爪は傷みます。

爪って、髪と同じ成分でできてるので、「カラーリング」するごとにどんどん傷んでしまう。また、伸ばし過ぎもNG。爪の先まで栄養が送られなくなってしまいます。

【自分の爪、見直してみよう。数日休ませるだけで、ピンク色に戻る】

pink-nailお肌のお手入れは万全。なのに、爪のケアって意外におろそかになりやすいです。「爪って固いし、少々大丈夫♪」って思ってしまうんですね。でも、爪もお肌の一部。

爪は、爪の根元の爪母(そうぼ)細胞というところで作られます。爪母付近には甘皮がありますから、処理時にはキズつけないように注意しましょう。

また、爪母のあたりをマッサージしたり、保湿したりすることで、爪は数日でイキイキしたピンクによみがえります。爪の伸びが遅い、爪が乾燥気味、という方は、爪の根元を意識してケアしてあげてくださいね♪



気になる黒ずみをササッとピンクにしてくれる柔らかい筆ペンです♪唇・ワキ・Vゾーン、あなたならどこに使う?

ピンクマニアな私が愛用しているマニキュアじゃないNEWマニキュア!爪に優しい!アルコールで落とせる ソフトジェル マニキュアウォーターベースの美容液ネイル

↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑


スポンサード リンク


今日の記事は面白かったでしょうか?
管理人は単純なため応援して頂けると非常に喜びます(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
わたしのブログに遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
読者様のご声援により、毎日の更新の力が湧いてきます。゚(PД`q。)゚。

この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ