「せめて顔色だけでも・・・」土気色の顔色の日に心がけていること

「せめて顔色だけでも・・・」土気色の顔色の日に心がけていることmask

【体調が悪くて顔色が冴えないときこそピンクメイク♪】

寝不足&体調不良のコンビでグダグダな朝、

鏡をみると、顔色のドス黒い、いつもより老け込んだ自分が映ってました。

それ見るだけで、究極に萎える私。お肌もカッサカサ。

メイクしても「これじゃあなぁ」って感じです。すべてにおいてヤルキが削がれ、

その日やるべきことやしたかったことなど

「今日はしんどいし、また今度にしよう・・・」と思ったとき、

「そういえば新しいリップ買ったんだったっけ」と気づき、

色付きリップをさっとひと塗りしてみました。

baby

メイベリンのBABYピンクリップ。これいいですよね♪

ちゃんと潤うし、色もほのかでカワイイ。パケも好みど真ん中。

すると、血色を取り戻した顔に、少し生気が戻ってみえたんです。

それを見ると、「あれ?ちょっと元気そう?」と思えて、

「この顔色ならちょっと動けそうだ」というキモチになってきたので、

さらにガサつくお肌に無理やり保湿クリームを塗り、

クマだらけの目のまわりに発色のいいクリームコンシーラー(ピンク系)を置き、

ボサボサの髪を整えたら、やっと着替える気になりました。

やっぱりメイクの基本って、

<顔色を健康そうに見せること>だなぁ・・・って改めて思いました。

【血色の良さは、自分自身をもいい意味で騙す!】

lip

男性よりも肌の厚みの少ない女性は、健康状態がモロに顔色に出ます。

血色が悪いと、会う人会う人に「顔色悪いけど大丈夫?」なんて言われて、

顔色悪い自分⇒「ああ、体調悪くてヤルキ出ないな、しんどいな」と思ってしまう。

体温計で熱を測ったら意外と高くて、余計にしんどくなる心理と同じ?

なので、「血色悪くて、もうメイクする気すら起きないや」ていう日でも、

唇だけでもピンク系に仕上げておけば、かなりキモチの面が左右される。

そう気づいてからは、自分の暮らしのモチベーションをUPするために、

すっぴんで過ごせる1日であっても軽いメイクだけは施すようになりました。

元気そうな顔色で過ごす1日は、土気色のお肌で過ごす1日よりも

アクティブだし、ちょっとヤルキの度合が違ってきます。

人によってはオレンジ系であってもOK。

私はピンク系が大好きなので、好きなカラーを顔に乗せるだけで

テンションが上がることが判明。ほんと、色の効果って偉大ですね^^




スポンサード リンク




この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ