雛人形の呪いが解けて、小さなピンクのお雛さまが来た話

スポンサード リンク


雛人形の呪いが解けて、小さなピンクのお雛さまが来た話CIMG77683月3日、桃の節句。1年でいちばんピンクカラーの似合う日です。女の子のすこやかな成長を願う、桃の季節のお祭り。ちなみに上の写真は、手のひらに乗る超ミニサイズのおひなさま。縁起物のハマグリに寄り添う2人。とっても愛らしいです。

このおひなさまは、私が大人になってから母親がくれたものですが、その理由はじつは「罪滅ぼし」でした。

 

【2人姉妹の我が家に、なぜかお雛さまがあった試しがない】

ohinasama女の子2人姉妹であれば、ふつうはどんなカタチにせよ、お雛飾りがちょっとくらいはあってもいいハズ。なのに、我が家には1度たりともお雛さまが飾られたことはありません。

ごく普通の一軒家で、飾る場所がないこともない。飾ろうと思えば、小さなガラスケースの2人だけの雛飾りでも置けたはずです。なのに、お雛さまがずっと我が家にはなかった。よく考えると変なハナシです。

私は3月になると、友達の家のうちで、いちばん立派な雛飾り(七段)のあるのおうちに入り浸っていました。七段雛はとにかく豪華で立派で、赤や金、ピンクなど色とりどりの鮮やかさが目にまばゆく、いつまでも見とれていました。

これもおかしなハナシです。よその家の子供が、我が子のために飾った七段びなを、毎年見に来る。その家のお母さんから見れば、「なんで見に来るのかしら・・・」「自分のうちにないのかしら・・・」とさぞ不審だったコトでしょう。

でもそのおうちは毎年恒例で、こころよくお雛様部屋を私に解放してくれました。感謝しています。

【お雛様が我が家にないのは、姉と母のせいだった】

大人になってから私は、母に恨み言を言いました。

「なんでうちだけ、ずっとお雛さまがなかったわけ?女兄弟なのに。どこのうちに行っても大なり小なり、お雛さまがあったのに」。

すると母は、「ごめん、申し訳なかったと思ってる。買ってやらなきゃと思いつつ、つい昔のことを思い出して」という。

 

私「昔のことって何?」

母「昔じつは、うちにも5段の立派な雛人形があったんよ。でも、お姉ちゃん(私の姉)が乱暴で、人形の首を全部引っこ抜いたわけ。で、しょうがないから、お母さんの古いガラスケース雛人形(お内裏様とお雛さまのみ)を飾ってたら、お母さん、階段から落っこちて、階段下に飾ってたガラスケースに足から突っ込んで、大ケガしたんよ。何針も縫って・・・救急車呼んで大騒ぎやったわ。

雛人形は2体とも無事やったし、裸で飾ってたんやけど、やっぱりガラスがないとダメやね。結局、そのお雛さまは実家に残してきたわ。

もうお雛さまの思い出にロクなことがないから、いっさい買わんようにしたんやわ

 

(それって呪いなんじゃ・・・?)

 

と思ったけど、口にはしませんでした。(なんとなく。お雛さま関連だし。)

そんな理由で、うちに雛人形がなかったなんて・・・想像もしなかった(当たり前ですが)

【適齢期になっても嫁にいきそうにない私に母は】

母はよく旅行に行きますが、私が25才を過ぎたあたりから、旅行にいくたびにミニ雛人形を買ってくるようになりました。

悪かったなぁ、と思って。いまさらやけど、なんか買ってしまうわ。小さい方が邪魔にならずいいやろ?」

と言っては、何度も何度も買ってくる。

数年後、私はストップをかけました。「もういいから」と。ミニ雛人形がキリなく増えていくもので、ここらで歯止めをかけねばと思ったのです。

CIMG7769そんなこんなで、私の手元には、こういう小さい雛人形がいくつもあります。

CIMG7770中でもこのピンクのサクラに乗った罪滅ぼしの雛人形は、いちばんのお気に入りです。

現代では大きなひな人形よりも、こういったコンパクトで飾りやすい物の方がウケているそうですね♪



気になる黒ずみをササッとピンクにしてくれる柔らかい筆ペンです♪唇・ワキ・Vゾーン、あなたならどこに使う?

ピンクマニアな私が愛用しているマニキュアじゃないNEWマニキュア!爪に優しい!アルコールで落とせる ソフトジェル マニキュアウォーターベースの美容液ネイル

↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑


スポンサード リンク


今日の記事は面白かったでしょうか?
管理人は単純なため応援して頂けると非常に喜びます(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
わたしのブログに遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
読者様のご声援により、毎日の更新の力が湧いてきます。゚(PД`q。)゚。

この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ