ボニーピンク(BONNIE PINK)の名曲ランキングTOP3

スポンサード リンク


ボニーピンク(BONNIE PINK)の名曲ランキングTOP3

bp1出典 http://www.amazon.co.jp/

【ボニーピンクの歌は、今でもまったく色あせずイメージの変わらない曲】

「ボニーピンク(BONNIE PINK)」といえば、「Heaven’s Kitchen」。

というくらいに、「Heaven’s Kitchen」の曲は鮮烈な印象でした。歌い出しはどこかちょっとけだるいのに、サビではパワフル&ソウルフルな歌声を聴かせてくれます。声がとっても特徴的で、いい意味でちょっと日本人らしくない歌い方がステキです。

あるときを境に露出がぱったり途絶えたので、どうしているのかな・・・と思ったりしました。1998年から休養されてたんですね。知らなかった。世間の「ボニーピンク像」と、「自身」とのギャップとの間で思い悩んでいたのだとか。

もともとはすべて小文字で『bonnie pink』だったのが、ニューヨーク留学を経て、レーベル移籍後からすべて大文字の現在の『BONNIE PINK』表記に変わったのだそう。

ショートヘア&強めのオレンジピンクのヘアカラーが印象的でしたが、いま現在は髪も長く伸ばしていて、ヘアカラーも落ち着いた感じになってます(なんとなく雰囲気も変わったかも?)。

boniiepink2出典 http://www.bonniepink.jp/

 1900年代に楽曲が大流行したのち、2000年代に入って再び活動を開始。さらなる躍進を遂げられています。資生堂のCM曲に使われたりしてますが、ご本人はさいきん拝見しないんですよね。動いているボニーピンクさんが観たい・・・!

【カラオケでよく歌われていた『犬と月』。かわいい系の曲もステキ】

まずはやっぱり「Heaven’s Kitchen」。ボニー・ピンクさんといえばこの曲♪

”天国のキッチン”ってどういう意味だろう?」と思ってたんですが、語源は≪NYの危険地帯「Hell’s Kitchen」の反対、つまり安息の場所≫を意味しているという説が。「そのままの自分がいい」というような歌詞内容みたいです。

どこか懐かしくてホッコリ。CMや映画の挿入曲にもなりました。声質がすごく魅力的。メリハリや高低差がすごくて難しい曲ですね。カラオケでちゃんと歌えた人をまだ見たことがないという・・・。英語も多いですし。

個人的にすごくスキだったのが、こちらの「Foget me not」。

「Foget me not」は、「私を覚えていて」の意味以外に、「忘れな草」という意味も。このメイドさんのキッチンみたいなPVかわいい♪すべて英語なので口ずさむことすら難しいんだけど、すごくスキな曲。

ほかに、ボニーピンクさんの「犬と月」という曲。これがまた切ない歌詞&メロディーで、今でもカラオケでよく歌います。初めて聴いたのは、友達が歌うカラオケ。歌詞がフシギで、でもすごく印象に残ったのを覚えてます。

情景がすごく迫ってくる感じがしますよね。犬と人と電柱の影と、月の光・・・。今聴いても、全然古くならない歌のひとつです。



気になる黒ずみをササッとピンクにしてくれる柔らかい筆ペンです♪唇・ワキ・Vゾーン、あなたならどこに使う?

ピンクマニアな私が愛用しているマニキュアじゃないNEWマニキュア!爪に優しい!アルコールで落とせる ソフトジェル マニキュアウォーターベースの美容液ネイル

↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑


スポンサード リンク


今日の記事は面白かったでしょうか?
管理人は単純なため応援して頂けると非常に喜びます(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
わたしのブログに遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
読者様のご声援により、毎日の更新の力が湧いてきます。゚(PД`q。)゚。

この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ