やっぱり冬は『雪苺娘(ゆきいちご)』♪ファンにはたまらない逸品

やっぱり冬は『雪苺娘(ゆきいちご)』♪ファンにはたまらない逸品img_0994

【学生時代からの長年のファン♪生クリーム好きにはたまらない】

「2コで410円・・・高ッ☆」

と内心叫びつつも購入してしまう『雪苺娘(ゆきいちご)』。

雪見だいふくに通じるものがあり、冬の代名詞にしたいほどに大好きです^^

まず見た目が可愛い。お餅にふんわりとくるまれた感じが愛らしい。

中には大量のホイップクリーム&冬だけにちょっと酸っぱいイチゴ。

『雪苺娘(ゆきいちご)』というネーミングもラブリーです。

そして1個パッケージのときは白(まれに黒)なんだけど、

2個入りになるといきなり紅白カラー(白×ピンク)になるという

特長を持っています。紅白だとお祝い感も出るのでお正月に食べるのも吉。

お餅がめちゃくちゃ柔らかくてよく伸びるんです。お雑煮のお餅級に伸びる。

生クリームLOVERSにとってはこれを1個丸ごと頂く瞬間こそ至福なんです。

高校時代、駅構内でガラスケース販売されていたのをキッカケにファンに。

少ないお小遣いの中で、学校帰りに各1つずつ買って食べるのが幸せでした。

口のまわりを粉粉にしながら、夢中で食べて、

案の定、家に帰ると晩御飯が欲しくなくて、親に叱られることもしばしばでした。

そんな懐かしさもあいまって大好きなお菓子のひとつです。

【じつはヤマザキパンから出ている!『雪苺娘(ゆきいちご)』】

img_0995

(汚いカットですみません)

ご存じのとおり、中はすべて生クリームです。

私にはうってつけですが、「よくこんな甘いの食べられるね><」と呆れられることも多い。

そう、私は何を隠そう生クリーム愛好家。ボウル1杯の生クリームも食べられるほどです。

でも生クリームって、そうそう大量に食べられる機会がない。

seven出典 http://mognavi.jp/

でも、1年ほど前にスバラシイ商品を発見したのです。

その名は「セブンプレミアム 口どけ軽やかホイップクリーム」。

セブンおよび提携店でしか入手できないレア品です。

甘くなくて日持ちがする、クオリティの高いチューブ型ホイップ。

マヨネーズのように絞り出して簡単に使えます。

私はふだん、生クリームが欲しくなると、スプーンにすくって直に頂きます。

コーヒーに浮かべるもよし、リッツパーティーで使うもよし、食パンに塗るのもよし。

冷蔵庫に常備してあるほど好きです。

でもさすがに「雪苺娘(ゆきいちご)」のある日は、

生クリーム不足にならないのでこのチューブの出番はなし。

雪苺娘(ゆきいちご)の満足感はハンパではありません。

カプリコを1本食べるときのホクホク感に似ています。

すごく幸せ。。(*´ω`*)

この思いを分かってくれる人っているでしょうか^^




スポンサード リンク




この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ