「リッパー(糸切)がない!」⇒100均にありました(ピンク♪)

「リッパー(糸切)がない!」⇒100均にありました(ピンク♪)

裁縫道具が100均にあった・・・(感動)!

針や糸は売ってるのは知ってたんだけど、リッパー糸切りまで・・・!

なんでも揃う100均に感謝です(*´ω`*)至れり尽くせり♪

【リッパーは私の中で生活必需品】

先のとがったハサミでも切れないような糸を、

リッパーで切ることがよくあります。一番多いのがタグ外し。

マフラー&ストール系で、「なぜこんなトコに・・・」と思うほど

目立つ場所に縫い付けてあったりすると、やっぱり外したくなります。

お洗濯マークや素材表示はできれば残したほうがいい。

だけど、それよりも見栄えのほうが大事だったりします^^

あと、肌にチクチク当たるのもイヤで・・・☆

実家に帰ると、母がリッパー探しをしていました。

パンツの裾上げ時やカーテンの縫い目外しなど、あらゆる用途に必須なリッパー。

そして私も、買ったばかりのMA-1ブルゾンの首の後ろのところに

耐えられないチクチク感のタグが縫い付けてあったんです。

肌が弱く、すぐカユカユになっちゃうので、着たくても着られない。

リッパーなしじゃ生きていけない・・・><

というわけで、近所のダイソーへ。

「リッパーまで置いてあったっけ。。」と心配しましたが

フツウに置いてあってビックリ。こんな専門的(?)なものまであるんだ・・・!

【100均のリッパーの強度ってどうなんだろう?】

以前、100均で彫刻刀を買ったことがあるんですが、

3本入で100円(!)。。ということは、1本33円くらい。

消しゴムハンコを削るくらいならいいんだけど、木を彫るのには

ちょっと勇気が要って、お蔵入りさせてしまってます。

というのも、刃の部分と握りの部分の接着が不安だったんですね。

「刃物系はちょっと怖いな」と感じてたけど、このリッパー、普通によく切れました♪

問題は、長期使用にどのくらい耐えうるか、ということだけ(笑)

服のタグ。両端だけでなく、この服のようにタグを四方がっつり縫ってある場合も。

そんなときは、リッパー必須です♪

また、脱いだお洋服のタグを見せたくない時にも使います。

というのは、年齢余裕オーバーなブランドの時など。

ティーンブランドだけど、デザイン落ち着き系で長く着てるものなんかは

「さすがにタグを見られると恥ずかしいかも(/ω\)」ってこともあります。

このとおり生地を傷めず、糸のみきれいにカットできました♪所要時間10分。

プチプラ服なんかだと、タグが雑な作りだったりしてチクチクしちゃうので、

リッパーの存在が有難い(*´ω`*)

また、ボタン糸を外すときや裁縫時の糸切りなんかにも活用してます♪

ピンク以外にもいろんな色があり、スパスパとよく切れました♪

ほか、糸通しも買ってきました。あの銀色の、横顔がついてるタイプ。

あれ、便利なんだけど紛失しやすいので、ストック用に入手。

あのヤヌスのような横顔、いったい誰なんだろう。。。(笑)




スポンサード リンク




この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ