エムズワンのキティちゃんピンク綿棒が乙女カワイイ♪

エムズワンのキティちゃんピンク綿棒が乙女カワイイ♪

ドラックストアに綿棒を買いに行ったところ、

めちゃくちゃキュートなキティちゃん綿棒を発見♪しかもピンク。

「キティちゃん、いつもと顔違う?」て思ったんですが、正規品の日本製です。

手書きキティ系は一瞬「もしや・・・?」って思いますが、

ちゃんとしたキティちゃんでした(調査済み)。

【ほんとは黒の綿棒を買おうと思っていた】

綿棒といえば、オーソドックスなのが白。

衛生的で見慣れているのでいいんだけど、

黒綿棒が意外とクールで生活感がないことが判明して以降、

黒の炭練り込みタイプを購入したりします。

汚れがよく見えるというメリットもあり。最近、衛生用品にも

ブラックカラーが増えてますね。マスクとかもそう。

綿棒の中心に埋もれる、取り出しやすくするための紙。

これを引き上げると、底面がせりあがって取り出しやすくなります。

さいきんはスライド取り出し口が主流ですが、これは上からカパッと開けるタイプ。

外側もキティちゃんのリボンがいっぱいついてて可愛いんです^^

やっぱりデザインは可愛いほうがテンションあがるなぁ、と眺めてたら、

綿棒に細かい文字が印刷されている。

なんと、おみくじ(?)になってました( *´艸`)

その日の気分みたいなものが書いてあるんです。芸が細かい(笑)!

ネガティブワードはたぶん入ってないっぽい。可愛いです♪

【ピンク綿棒は意外と少ないらしい】

軸のみピンクになってる綿棒はときどき見かけますが、

綿の部分までカラーリングされてる綿棒は実は少ないんです。

綿棒って必需品のわりに、いざというとき切らしやすいグッズ。

というわけで、引き出物なんかにも最近使われるそうですね。

てっぺんに花飾りのついたデザインケースのものや、

名入れサービスのものが人気。軸に文字入れできるため記念品にも◎。

さて、綿棒といえば”綿棒メイク”。アイシャドウのボカシ、

眉を描く、リップを塗るなど、用途は幅広い。そして、

メイクに失敗したときのお直しテクにもよく使われますよね。

(化粧水や乳液を沁み込ませて部分オフするなど)

そして、私が今気になっているのが「綿棒ティント」♪

ティントといえば、なかなか落ちないリップメイクなどでおなじみ。

皮膚に色を浸透させることで、塗るメイクとは一線を画すもの。

その綿棒タイプが今出ているんです。

このピンク×赤のカワイイ綿棒。

コンパクトで持ち歩きにも便利、出先でササッと浸透させられます。

韓ドラで見るメイクは”オルチャンメイク”的な鮮やかリップが多いですが、

「どうやって発色させてるのか」ってフシギになるくらいに鮮やか。

と思ったら、どうやら、ティントリップを使ってるらしいんです。

内側から色が出るので、厚塗り感もなく、血色のよいリップをキープ。

使い捨てなので衛生的。メイクオフ時もジューシーな唇でいられるのって

嬉しいですよね。かなり気になる商品。常にピンクリップでいたい・・・♪




スポンサード リンク




この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ