京都の定番「生八つ橋」の旬菓さくら味がほんのり甘い♪

京都の定番「生八つ橋」の旬菓さくら味がほんのり甘い♪

【春らしさ満点♪生八つ橋「さくら」】

京都土産といえば生八つ橋♪

このたび、有名な聖護院(しょうごいん)の八つ橋セット、

<聖・旬菓「さくら 抹茶詰合せ」 10個入>を頂きました。

いつもの味といえば、白×抹茶が定番ですが、これは

サクラ葉入りの淡いピンク&お抹茶味がセット。珍しい^^

いつも思うんですけど、ノーマル八つ橋⇔生八つ橋って、

まったくベツモノにしか見えない(笑)。

ノーマルチョコ⇔生チョコくらいの差かと思ったら、

形状もまったく別物なので、長年ナゾに感じていました。

あれって”焼き”or”蒸し”の違いなんですね☆

ノーマル八つ橋のほうは瓦せんべい並に硬くてカマボコ型なのに、

生になるといきなり三角形になる。

シュウマイみたいなお餅包みになっているんです。

どうしてそんなカタチになったのかよく分からないけど、

どっちも美味しくて好きなのでOKです(*´ω`*)

「聖」の文字が神々しい八つ橋。

このぎゅっとパッキングされた感じ、わくわくしちゃいます。

サクラのほう、色的に三角のギョーザが重なってるように見える。

【いざ、さくら味試食♪人生初】

くたっとした薄切り餅が、さくら餡を包んでいます。

濃いお抹茶を用意したくなります。これぞ和の心・・・!

たしかに桜の葉っぱが入っています♪

桜餅みたいな香りがふんわり漂う・・・至福。

私の好きな味わいです。甘すぎない桜餡。春を感じますね。

出典 http://www.shinise.ne.jp/

「聖 櫻花」というサクラオンリーの詰め合わせも出ています。

ふだん、この聖護院さんの旬の八つ橋はすべて「ゆず」風味ですが、

2017年3月からは、このゆずがすべてサクラに移行しています。

京都お土産をお考えの方、春にはこの可愛いピンクの旬菓がおすすめ。

ニッキが効きすぎていないので、ニッキの風味がちょっとニガテな方でも

食べられる味に仕上がってます♪

そうそう、そういえばニッキってシナモンとそっくりの味だけど、

何が違うのか分からないので調べた結果、

「ニッキ=日本の日桂(木の種類)の根っこの部分・辛い」

「シナモン=セイロンの日桂の皮の部分・辛さがない」

ということらしいです(かなりザックリな調査)。初耳☆

そしてニッキは辛さ成分のお陰で、生八つ橋を日持ちさせられるという

メリットがあるらしいんです。なるほど・・・旅の道中に傷むといけませんしね^^

また、ニッキは美容効果なんかも期待できるのだとか♪

女性へのお土産にもぴったり(*´ω`*)




スポンサード リンク


ピンクマニアな私が愛用しているマニキュアじゃないNEWマニキュア!爪に優しい!アルコールで落とせる ソフトジェル マニキュアウォーターベースの美容液ネイル

↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑



今日の記事は面白かったでしょうか?
管理人は単純なため応援して頂けると非常に喜びます(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
わたしのブログに遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
読者様のご声援により、毎日の更新の力が湧いてきます。゚(PД`q。)゚。

この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ