ピンクのシマ模様ガステキな花「ナゴラン」小さくても立派に蘭の香りがします☆

スポンサード リンク


ピンクのシマ模様ガステキな花「ナゴラン」小さくても立派に蘭の香りがします☆cCIMG9939

【我が家に珍しく鉢植えのお花が。その名は「ナゴラン」】

花粉症&土カビに弱く、虫がニガテな私の家には、基本プリザーブドフラワーや造花、フェイクグリーンしかありません。

でも、先日、ワケあってランのお花の鉢植えが我が家にやってきました。

本物のお花・・・!ちょっと動揺しています。

私は植物は大好きですが、なぜか片っ端から枯らしていくのが大得意です(不名誉ながら)。

ふつうは枯れないはずのサボテンやパキラも枯らしました。

なので、私はこのランの鉢植えにはいっさい触らないようにしています。

cCIMG9938蘭(ラン)といえば、私の中では「胡蝶蘭」しか浮かびません(貧困な発想)。

育てるのがすごく難しく、高級でゴージャスなイメージのお花、ラン。

でも、こんなミニミニで素朴なランの種類があるとは初耳です。

苔玉に生えています。この苔玉を霧吹きで湿らせておくと、うまく育つようです。

【ナゴランとは?ランに詳しくないので、いろいろ調べてみました】

cCIMG9940我が家にやってきたときはツボミだったこのラン、今は開花まっさかりです。

名前は「ナゴラン」。あの「胡蝶蘭」と同じ種類らしいです!ええー!ぜんぜん見た目がちがうのに???

胡蝶蘭といえば、あの白く丸い花びらが豪華な、シャンデリアのように頭を垂れているお花ですよね。

このナゴランは、とっても小さいです。お花が3センチくらいしかありません。

少し頭を垂れていますが、わりとひかえめなお花の印象。

でも、花びらのピンクのシマシマ模様は、しっかり「蘭」なんですよね。

cCIMG9941ランの花ってなんとなく「悪女」のイメージがあります。

華やかで、妖艶で、大胆で、香りも強くて・・・みたいな。

でもこの「ナゴラン」には、そこまでのインパクトがないような?

ただ、香りを確認してみると、たしかにランの香り(!)。「小さくても立派に蘭の花なんだなぁ」とちょっと感動。

生息地は、日本&朝鮮となってます。

蘭って日本のお花っぽくないけど、日本原産なんですね~。名前が「名護蘭」、つまり名護(沖縄)が生息地なのだとか。

【ピンクの胡蝶蘭も華やかでステキ!白とは違った風情】

kochoran出典 http://www.rakuten.ne.jp/

胡蝶蘭っていうと、白い花びら&真ん中が黄色のイメージがあるんですが、ピンクの胡蝶蘭はまた違った趣(おもむき)がありますね。

紫がかった青みピンク。かわいらしいというより、大人びた印象です。

ほんとに一輪一輪が胡蝶のよう。同じサイズのお花が一列に並ぶさまは壮観です。

淡い可憐なピンクカラーもあり、白の花びらにすこしピンクが入っているような種類もありますね。

知人が温室で育ててましたが、何年もかけて、立派なお花を咲かせるのに成功していました。

胡蝶蘭の花言葉は、『あなたを愛します』、『幸福が飛んでくる』。ステキな花言葉ですね♪

【昔、庭にシランという花がありました。これもランの仲間でした】

shiran出典 http://ja.wikipedia.org/

ピンクがかった紫のお花、「シラン(紫蘭)」。

庭にたくさん増殖してたのを覚えてますが、まさかあれも「ラン」だったとは知りませんでした。

でも、「ラン」という言葉がつけば「蘭」の仲間というワケではなく、「スズラン」は”スズラン亜科”で、蘭の仲間ではないみたいで・・・。

suzuran出典 http://ja.wikipedia.org/

花の世界は奥深いです。

ただ私の場合、花の世界うんぬん言う前に、花を枯らさずに育てることからはじめないといけませんね。



気になる黒ずみをササッとピンクにしてくれる柔らかい筆ペンです♪唇・ワキ・Vゾーン、あなたならどこに使う?

ピンクマニアな私が愛用しているマニキュアじゃないNEWマニキュア!爪に優しい!アルコールで落とせる ソフトジェル マニキュアウォーターベースの美容液ネイル

↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑


スポンサード リンク


今日の記事は面白かったでしょうか?
管理人は単純なため応援して頂けると非常に喜びます(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
わたしのブログに遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
読者様のご声援により、毎日の更新の力が湧いてきます。゚(PД`q。)゚。

この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ