【3/3ひなまつり】桃の節句の和菓子がなにかオカシイ・・・!?

スポンサード リンク


【3/3ひなまつり】桃の節句の和菓子がなにかオカシイ・・・!?s-CIMG3816

【女の子のお祭り3/3なので、雛祭りの和菓子。しかし・・・?】

もう”女の子”というトシはとうに過ぎて、

”女子”と呼ぶのもはばかられる年齢のワタクシです。

でもかたくなに、”オバチャン化”するだけは回避したいなぁ・・・

悪あがきをしてみたりもします。

寄る年波には勝てない。いや、だけど勝ってみたい気もする。

女性というイキモノはめんどくさいですね~笑☆

ハナシを戻して、雛祭りです。春目前のピンク一色の行事です。

この時期スーパーに出向くと、店頭に雛祭り菓子や雛祭りグッズが並ぶ。

お店の中もピンク一色です。ワクワク♪

やっぱり女の子=ピンクカラーなんですよね(*´ω`*)♪

s-CIMG3817で、この和菓子の上に乗ってる飾り、ホンモノのお花?と思ったら、

透明のシートの生花の写真印刷でした。ものすごく精巧。

あれ?でもこのお花って、サクラの花じゃないんでしょうか?

そういえば桃の花と桜の花って、私、区別できません。

気になって調べてみたら、「花びらの先端がとがっているのが桃の花」らしいです。

たしかによくみると、花びらがちょっとウェーブしてて華やか。

これが梅の花の特徴みたいです。

ちなみに梅の花は花弁が丸く、桜の花は花びらの先が割れているのが特徴だそう。

【桃の節句(雛祭り)のルーツとは?もともとは邪気を祓う行事】

ohinasama日本の桃の節句(ひなまつり)は、

古代中国からおこった「上巳(じょうし・じょうみ)の節句」に由来します。

季節の変わり目には、邪気を流すため「曲水の宴(きょくすいのえん)」など水を用いて

穢れをはらう行事がとりおこなわれていました。

そこに、日本古来の「形代(かたしろ)」という身代わり人形を流す(=流し雛)催事が混じって

現在の桃の節句になった、と言われています。

また、平安時代になると、とくに良家の子女がお人形遊びをしていたことから、

立派な雛人形をつくり、「流さずに飾る」ようになりました。

そして一般民衆もそれを真似て、雛祭り行事ができあがったそうです。

momo男の子の日「端午の節句(5/5)」に対して、

3/3は「桃の節句(雛祭り)」となるわけですが

”桃には邪気をはらう魔力がある”とされているため、

この春先の行事を「桃の節句」と呼ぶようになったのだとか。

桃にまつわるモノといえば、

桃太郎の鬼退治伝説もそうですし、日本のお城には桃の家紋が入ってたりします。

また、桃の種はすごく大きいですよね。

女性は産む性ということで、これを女性に見立て、

桃=女の子の健やかな成長を祝うモチーフとして親しまれるようになったみたいです。

当たり前のように行われる行事も、ルーツをたどると思いがけない発見がいっぱい♪

私も単純に3/3=桃(ピンク)のかわいい催し、という認識でしたが、

知っていくと面白いものですね^^



気になる黒ずみをササッとピンクにしてくれる柔らかい筆ペンです♪唇・ワキ・Vゾーン、あなたならどこに使う?

ピンクマニアな私が愛用しているマニキュアじゃないNEWマニキュア!爪に優しい!アルコールで落とせる ソフトジェル マニキュアウォーターベースの美容液ネイル

↑↑楽天ピンクカードの女性特典をまとめました!!↑↑


スポンサード リンク


今日の記事は面白かったでしょうか?
管理人は単純なため応援して頂けると非常に喜びます(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
わたしのブログに遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
読者様のご声援により、毎日の更新の力が湧いてきます。゚(PД`q。)゚。

この記事の最上部へ

【PINK LINK】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ